副作用を防ぐ!かかりつけ医、かかりつけ薬剤師の必要性

40代の専業主婦です。うつ病を10年ほど前から患ってます。月に一度のペースで心療内科に通院してます。高校生の娘がいるので、子育てと主婦業の傍ら、家で趣味である手芸や塗り絵などをすることが楽しみです。共通の趣味を持つ友達とたまにあって、材料などを買いに行ったりします。限られた時間の中ではありますが、そういった時間がとても楽しいです。私が体験した薬の副作用の体験談を紹介します。

たかが風邪薬、されど風邪薬
私はうつ病を患っていて心療内科に通院しているのですが、ちょうど今くらいの時期に風邪をひき近所にある内科を受診しました。あらかじめおくすり手帳をもっていき、診察してもらった医師にお願いしたのです。ところが薬が合わず、副作用で吐き気などが倍増し症状が悪化しました。それでも薬が体に慣れれば大丈夫だと思ったのですが、全然よくなる兆しが見えない状態に陥ったのです。
そして普段通ってる病院で事情と症状を話して別の風邪薬を処方してもらいました。そしたら、あのすごく苦しかった副作用はでなくなったのです。
お薬を処方してもらったとき、薬剤師の方に、「どんな副作用があって、どういった症状だったのか」を話したところ、薬剤師の方いわく「人によって薬が合う、合わないがあるので飲んでみないと分からない」ということと共に、「副作用をおこしたら、すぐに原因となる薬は飲まないように」ということを助言されたのです。そこで私は今まで飲み続けてれば、そのうちきくと思っていましたが、それは違うということに気づいたのです。

かかりつけ医、かかりやつけ薬剤師の重要性
その後近所の内科にいって、副作用が起きたことを医師に話したのですが「たまたま薬があわなかっただけ」ということで話はおわってしまい、真剣に話を聞いてもらえる雰囲気ではありませんでした。
あるとき、私と同じうつ症状のある友人に会うことがあり、このことを相談しました。そうしたところ、彼女も同じような経験があったということを話してくれました。この話にとても驚き、その後、インターネットなどで調べてみるとうつ病を患っている人で同じように風邪薬などの服用で副作用を起こした人が結構いることがわかりました。うつ病の薬を服用している人は、かかりつけの病院以外の病院でお薬を処方してもらうと副作用をおこす可能性が多いということを知ったのです。普段飲んでいるうつ病の薬との相性というのも、あるのかもしれません。はっきりとした原因はわからなかったのですが、うつ病の薬を飲んでいる時に他の薬を飲むと副作用が出やすくなるといことは私の実感として感じています。
こういったことがあってからは、多少つらくても電車で病院までいき普段飲んでいる薬に加えて風邪薬も一緒に処方してもらうようにしてます。風邪をひくたび病院にいくのは確かに面倒ですし、時間もかかります。近所の病院の方が時間もそんなにかからず、処方してくれます。けれども「ここなら安心できる。」という精神的な安心感があり、これはとても重要なことだと感じています。
また同じような苦しい思いはしたくありません。最初いった病院がよくなかったのかもしれないのですが、お薬手帳をみせたときじっくり薬の名前をみるというよりパラパラみて「安定剤ばかりだね」と言われたことも心のどこかに引っかかりがありました。お薬手帳を見てくれたのも、ほんの数分だけであり、ちょっと不信感を感じたのも事実です。
医者だからといって、全部のお薬に詳しいわけではないと思います。私が飲んでいる薬の名前を少し見ただけで、「どの風邪薬と相性がいいか悪いかを判断できるのだろうか」「他の患者さん同様に、特に何も考慮せずいつも処方している風邪薬を処方したのではないか」という気持ちがあります。そういった気持ちになる理由の一つとして、医師からは風邪薬を出す際に一切薬に関する説明がなかったのです。私が通院している心療内科では、医師から「今この薬をのんでいるから、刺激が少なめな薬にしましょう。」というような説明があります。これまで当たり前でしたが、どこの病院でもこのような対応をしてもらえるとは限らないことを改めて感じた一件でした。

病院を選ぶ際に気をつけること
こういったことがあってからは、お薬は同じ病院で統一するようにしてます。その方が、自分自身も安心して風邪薬をのむことができます。顔なじみの薬剤師さんがいるのですが、その方にも相談したところ「その方が安心だよね。」といわれたのです。やはり病院は、人によって信頼度で違ってくると感じてます。よく口コミなどで、そこの病院のよさをかいてある記事などをよみますが、全員の人がいい病院と思うわけではないと考えます。私が風邪薬を処方してもらった病院は、新しくて設備もよく近所の人からは評判が良かった病院です。それでここなら大丈夫と思って行ったわけですが、私には良い病院とは思えなかったのです。だから周りの評判で判断してはいけないとこのとき思い知らされたのです。
こういうことがあってから、行く病院については慎重になった気がします。行く前に病院に電話して、自分の状態とこういった薬を飲んでいるけれど、それに伴うお薬を処方してくれるかということを聞いて大丈夫なら行く病院の一つとして考えてます。

便秘薬で経験した恐ろしい副作用の体験談

私は31歳の専業主婦です。私は元々快便な体質だったのですが、20代の時に急激な食事制限によるダイエットをして以来、完全な便秘体質になってしまいました。
最初は食事などで食物繊維をとったり水分をしっかりととったりしていたのですが、それでも中々便は出ず下腹部が重くてしんどいのがたまらなくなり、ドラッグストアでコーラックという便秘薬を購入するようになりました。

便秘薬1粒が恐怖の腹痛のはじまりでした
私はコーラックを飲んだのはこの時が初めてだったのですが、薬箱の中の説明書通りに便秘薬の効果には個人差があるため最初は一番少ない量でという事で、私は就寝前に1粒だけコーラックを飲んで寝ました。
寝る前に飲めば、明日の朝には気持ち良くお通じが出るという予定だったのですが、深夜3時ごろ気持ち悪さで目を覚ましました。私は胃腸がとても強い方で、それまであまり嘔吐をしたりするような事もなかったのですが、この時は久しぶりにトイレにしゃがみこんでしまうほどの気持ち悪さで吐くにも吐けず、でもとてつもなく胃が気持ち悪いという状態で1時間くらいトイレでいたように思います。
腹痛があり、吐き気がするのに便は出ないので、最初は便秘薬の副作用ではなく、ただ同じタイミングで胃腸風邪でも引いたのではないかと思いながら、吐き気が治まるまでトイレで過ごしました。
そしてしばらくすると少し便が出そうだったので、便を少し出してから再び布団の中に入りました。

治まらない激しい腹痛と容赦なく襲ってくる便意
ようやく腹痛と吐き気が治まり、1時間半ほどぐっすりと眠り、仕事に行くために目覚ましで起きると、お腹がすでにぐるぐると言っていました。便が出そうだと感じすぐにトイレへ行くと、今まで便秘で溜まっていた分が全て出たのではないかというくらい、しっかりと便が出てとても気持ち良く感じました。
しかし、ここからが下剤の恐ろしさだったのです。
私は便が出たあと、朝食をとり仕事へいくために化粧をしたり歯磨きをしていると、またお腹が痛くなってきました。今度は便意というよりは腹痛という感じでしたので、すぐにトイレへ行くといつもよりかなり柔らかめの便が出ました。
1粒だけしか飲んでないのに、すごく効くなと思いながらいつも通りバスへ乗り、駅へ向かっているとまた腹痛がするようになったので、駅へついてすぐにトイレへ行くとまた下痢のような便が出ました。
さすがに便秘薬が効きすぎているのではないかと不安に思いながら、そのまま電車へ急ぎました。電車へ乗ってしばらくは何事もなかったように過ごしていたのですが、途中お茶を少し口に含んだ時の事でした。お茶を飲んだ直後に急に腹痛を感じました。私は快速に乗っていたため、次の駅までまだ時間もかかるし、我慢しようと思って我慢しているとだんだんとその腹痛がきつくなってきました。
今まで何度かお腹を壊した事がありましたが、我慢しているとお尻から何か水みたいなものが溢れるくらいの強い下痢で私はちょうどその時に生理用品をつけていたので、漏れずにすみましたがこんなにきつい下痢は初めてでした。
大人になって初めて便を漏らしてしまい自分はとても情けなく感じました。

便秘薬がないと便が出ない状態に…
私はこの日の経験を経て、もう二度と便秘薬は飲まないと決めたはずだったのですが、便秘薬がないとやはり中々便は出ず、便秘薬でとても辛い腹痛を経験したものの、全て便が出てしまえば腹痛が治まり快感とも思えるぐらいのお腹の軽さでした。
私はこのお腹の軽さをもう一度したいと思うようになってしまい、コーラックなどの便秘薬は効き目に個人差や同じ人でもその日の体調や食べた物など様々な要因で効き目が出るのに時間差があり、仕事の日などはやはり少し困ると思ったので休みの日に使用するようになりました。
最初は1粒で強烈なお腹の痛みや吐き気が起こり、とても気持ち良いぐらいお腹が空っぽになっていたのですが、段々と同じことを繰り返しているうちに便秘薬が効かなくなっていくのを感じました。
ある日同じように1粒飲んで腹痛を待っていても、全くお腹の痛みなども来ず、その日を境に1粒増やすようになりという事が繰り返されていき、最終的には10粒近くの薬を飲むようになってしまいました。
初めは1粒でも死にそうなほどになっていたにも関わらず、10粒飲んでも平気に思うようになり下剤がやめられなくなってしまいました。
もし下剤を辞められなくなってしまうと、本当に下剤の力なしでは便が出なくなると言われ、普通の自然な便通に回復するまで1年ほどの日数を必要としました。

便秘薬の恐ろしい副作用を経験して思うこと
私は便秘が溜まった状態が嫌で下剤を使うようになってしまったのですが、下剤を使用して便を出す事はとても良い事ですがあくまでも一時的な方法で、常に下剤を使う事はしてはいけない事です。
これらの下剤には大腸を無理やり動かして便を押し出すために、腹痛やそれに伴う吐き気も起こりますし、常に下痢をしてしまうので体内のバランスが崩れてしまい私は貧血になったり、動悸がしたりと色々な症状が起こるようになってしまいました。
もしも下剤を使おうか迷っている人がいれば、一度だけ使ってそもそも便が出やすくなるような運動や食事生活を頑張って改善していく事を考えるべきだと思います。私のように下剤に依存してしまう人は多くいるそうですが、最終的には絶対に後悔するので正しい服用の仕方をするようにしましょう。

私が経験した恐ろしい胃痛の体験談

私は現在44歳の男性会社員です。
実は40歳ぐらいになるまで胃痛や胃もたれといったことを経験したことがありませんでした。
朝から焼肉や焼きそばのような濃いものを食べるのを変とさえ感じませんでしたし、胃に不快感もありませんでした。
病気で抗生物質を処方される時って胃腸薬も一緒に出されることが多いんですが、胃腸薬を飲まなくても大丈夫ってぐらい丈夫でした。
しかし40歳になって初めて腹痛を経験してからものすごく胃が弱くなり、食事だけでなく薬の服用で副作用が出来るほど苦しむことになりました。

深夜に突然の胃痛に襲われた私の体験談

私は若い頃から胃痛や胃もたれといったことを経験したことがありませんでした。
寝起きから暴飲暴食をしても平然としていましたし、胃腸薬と一緒に服用するようにと処方された薬を胃腸薬無しで服用しても何ら違和感はありませんでした。
どうして薬を飲むのに胃腸薬を処方するんだろうと不思議に思ってたほどの鉄の胃袋でした。
こんな私もアラフォーになって初めて胃痛を経験しました。
胃痛のキッカケは今までの積み重ねなのか、胃痛発症前に食べたものが原因だったのかわかりません。
私的には胃痛の起こる5時間ほど前に食べた韓国製のお菓子が原因だったのかと思ってます。
とにもかくにも初めての胃痛を夜中2時に起こしてしまいました。
胃痛経験の私が自宅に胃腸薬を置いてるはずもなく、近所の24時間営業のドラッグストアも深夜だと医薬品の販売コーナーは中止になってます(食品やお菓子、アルコール等の食料品の販売のみ)。
冷蔵庫の中にはウーロン茶しかなく、これでも飲めば少しは痛みが改善するかもと飲んだりもしました(ウーロン茶に含まれるカフェインが胃によくないので逆効果だと後から知りました)。
当然胃痛は治りませんし、もしかして手遅れの胃ガンかもとか考えながら一夜を過ごしました。
医薬品販売コーナーの開いてる時間なったら薬を買い、飲んでから30分もすれば胃痛は治まりました。
しかしこの事件以来胃痛と戦うこととなります。

薬の服用で胃痛、胃もたれが起こるように・・・

食事に関しては注意した方がいいのはわかりました。
また、この時に購入した胃腸薬があるので、たまに胃痛や胃もたれを発生させても胃腸薬を飲めばすぐ治るしと胃の調子の悪さを軽くみてました。
自分の体が以前とは別物だと知るようになったのは一年前に慢性前立腺炎を患ってからです。
慢性前立腺炎の薬として処方されたのはセルニルトンとソランタールの二つで、胃腸薬は処方されませんでした。
今までは胃腸に負担のかかる薬の場合は胃腸薬も一緒に処方してくれたので、今回胃腸薬を処方されないってことは胃への負担は軽い薬だろうと思いそのままセルニルトンとシランタールだけ飲みました。
しかも薬の服用方法は一日三回食後にとありましたが、これをほとんど守らず飲みました。
実は私、食事回数は一日一回なんです。
なので薬を飲むために食事を三回食べるなんて面倒ですし、食後に薬を飲むという意識も薄かったんです。
それまでの考え方は、食後に飲むのは胃への負担軽減ではなく服用時間に間隔を空けるためだと思ってました。
実際朝食を食べてからすぐ昼食なんて無理です。どうしても食事は空腹時に食べるようになってますし時間も空きます。
しかも普通、食事っていつも同じ時間に食べます。
食後に服用するということは、それだけ規則正しい時間に服用するための指針だと考えていたんです。
なので服用する時間帯は意識しつつも(服用してから4.5時間は間隔を空ける等)、食後に服用ってのは一日一回の夕食後だけでした。
食事を抜いた薬の服用を繰り返すうちに、薬の服用後に胃もたれや胃痛を感じるようになってしまいました。
しかもある時期からは毎回起こるほどになってしまったんです。
人生初めての胃痛を感じるまではこんな適当な薬の服用方法でも胃痛なんて感じたことはありませんでした。それだけに自分は老いてきた、初の胃痛を発症してから胃が弱くなったと感じました。

薬の副作用を減らすために私がやったこと

さすがに食事をキチっと摂ってから薬を服用しないと胃へのダメージが深刻ということがわかりました。
そこで今まで一日一食だった食事をやめて朝・昼・晩と三食食べるようにしました。
そして食後にセルニルトンとソランタールの飲むようにしました。
これだけで胃痛はほぼ感じなくなりました。
ただ、夕食のようにガッツリ食べた後は薬の副作用の胃痛等は無くなりまりましたが、朝や昼といった軽食事の後は胃痛を起こすことがありましたし、不安もありました。
結局、先生に薬を飲むと胃に不快感が起きるんですがと言って、胃の粘膜保護効果のあるレパミピド錠を処方してもらいました。
これをセルニルトンとソランタールと一緒に服用することで胃痛をほぼ感じなくするように出来ました。
ただ、レパミペド錠を飲み忘れたり、食事間隔が短い場合は胃痛が起きました。
レパミピド錠を飲んでも完全に治ったわけではないようなので、胃の粘膜保護成分のあるヨーグルトや牛乳を摂取するようにしました。
これでなんとか今まで私を苦しめていた副作用の腹痛も治まることとなりました。
ただ、止めてしまうとまた胃痛を発生してしまいそうなので、現在もヨーグルト類の摂取と薬の服用方法はきちんと守り副作用を起こさないように気をつけています。

薬の副作用で学んだこと

若い頃は薬の服用方法なんて気にせずとも副作用なんておこしたことはありませんでした。
しかし40歳を過ぎてから人生初の胃痛を起こしたり、適当に薬を服用したら副作用で胃痛胃もたれを起こしたりとわかり頃では考えられない症状を引き起こしてしまいました。
副作用の胃痛対策に胃腸薬を処方してもらったり、一日三食の規則正しい食生活と食後の処方、こういった当たり前のことをするようにして副作用を起こさないように気をつけました。
それでも胃への不安感は拭えず、胃の粘膜保護成分のあるヨーグルトや牛乳等を摂取し胃痛を起こさないようにしました。
現在はこれらをキッチリ守ることで薬の副作用である胃痛や胃もたれは起こってませんし、今後も鉄の胃だからと過信せず胃をいたわる生活を続けていこうと思います。