便秘薬で経験した恐ろしい副作用の体験談

cd989f59141f833b4eda38b73308aff8_s

私は31歳の専業主婦です。私は元々快便な体質だったのですが、20代の時に急激な食事制限によるダイエットをして以来、完全な便秘体質になってしまいました。
最初は食事などで食物繊維をとったり水分をしっかりととったりしていたのですが、それでも中々便は出ず下腹部が重くてしんどいのがたまらなくなり、ドラッグストアでコーラックという便秘薬を購入するようになりました。

便秘薬1粒が恐怖の腹痛のはじまりでした
私はコーラックを飲んだのはこの時が初めてだったのですが、薬箱の中の説明書通りに便秘薬の効果には個人差があるため最初は一番少ない量でという事で、私は就寝前に1粒だけコーラックを飲んで寝ました。
寝る前に飲めば、明日の朝には気持ち良くお通じが出るという予定だったのですが、深夜3時ごろ気持ち悪さで目を覚ましました。私は胃腸がとても強い方で、それまであまり嘔吐をしたりするような事もなかったのですが、この時は久しぶりにトイレにしゃがみこんでしまうほどの気持ち悪さで吐くにも吐けず、でもとてつもなく胃が気持ち悪いという状態で1時間くらいトイレでいたように思います。
腹痛があり、吐き気がするのに便は出ないので、最初は便秘薬の副作用ではなく、ただ同じタイミングで胃腸風邪でも引いたのではないかと思いながら、吐き気が治まるまでトイレで過ごしました。
そしてしばらくすると少し便が出そうだったので、便を少し出してから再び布団の中に入りました。

治まらない激しい腹痛と容赦なく襲ってくる便意
ようやく腹痛と吐き気が治まり、1時間半ほどぐっすりと眠り、仕事に行くために目覚ましで起きると、お腹がすでにぐるぐると言っていました。便が出そうだと感じすぐにトイレへ行くと、今まで便秘で溜まっていた分が全て出たのではないかというくらい、しっかりと便が出てとても気持ち良く感じました。
しかし、ここからが下剤の恐ろしさだったのです。
私は便が出たあと、朝食をとり仕事へいくために化粧をしたり歯磨きをしていると、またお腹が痛くなってきました。今度は便意というよりは腹痛という感じでしたので、すぐにトイレへ行くといつもよりかなり柔らかめの便が出ました。
1粒だけしか飲んでないのに、すごく効くなと思いながらいつも通りバスへ乗り、駅へ向かっているとまた腹痛がするようになったので、駅へついてすぐにトイレへ行くとまた下痢のような便が出ました。
さすがに便秘薬が効きすぎているのではないかと不安に思いながら、そのまま電車へ急ぎました。電車へ乗ってしばらくは何事もなかったように過ごしていたのですが、途中お茶を少し口に含んだ時の事でした。お茶を飲んだ直後に急に腹痛を感じました。私は快速に乗っていたため、次の駅までまだ時間もかかるし、我慢しようと思って我慢しているとだんだんとその腹痛がきつくなってきました。
今まで何度かお腹を壊した事がありましたが、我慢しているとお尻から何か水みたいなものが溢れるくらいの強い下痢で私はちょうどその時に生理用品をつけていたので、漏れずにすみましたがこんなにきつい下痢は初めてでした。
大人になって初めて便を漏らしてしまい自分はとても情けなく感じました。

便秘薬がないと便が出ない状態に…
私はこの日の経験を経て、もう二度と便秘薬は飲まないと決めたはずだったのですが、便秘薬がないとやはり中々便は出ず、便秘薬でとても辛い腹痛を経験したものの、全て便が出てしまえば腹痛が治まり快感とも思えるぐらいのお腹の軽さでした。
私はこのお腹の軽さをもう一度したいと思うようになってしまい、コーラックなどの便秘薬は効き目に個人差や同じ人でもその日の体調や食べた物など様々な要因で効き目が出るのに時間差があり、仕事の日などはやはり少し困ると思ったので休みの日に使用するようになりました。
最初は1粒で強烈なお腹の痛みや吐き気が起こり、とても気持ち良いぐらいお腹が空っぽになっていたのですが、段々と同じことを繰り返しているうちに便秘薬が効かなくなっていくのを感じました。
ある日同じように1粒飲んで腹痛を待っていても、全くお腹の痛みなども来ず、その日を境に1粒増やすようになりという事が繰り返されていき、最終的には10粒近くの薬を飲むようになってしまいました。
初めは1粒でも死にそうなほどになっていたにも関わらず、10粒飲んでも平気に思うようになり下剤がやめられなくなってしまいました。
もし下剤を辞められなくなってしまうと、本当に下剤の力なしでは便が出なくなると言われ、普通の自然な便通に回復するまで1年ほどの日数を必要としました。

便秘薬の恐ろしい副作用を経験して思うこと
私は便秘が溜まった状態が嫌で下剤を使うようになってしまったのですが、下剤を使用して便を出す事はとても良い事ですがあくまでも一時的な方法で、常に下剤を使う事はしてはいけない事です。
これらの下剤には大腸を無理やり動かして便を押し出すために、腹痛やそれに伴う吐き気も起こりますし、常に下痢をしてしまうので体内のバランスが崩れてしまい私は貧血になったり、動悸がしたりと色々な症状が起こるようになってしまいました。
もしも下剤を使おうか迷っている人がいれば、一度だけ使ってそもそも便が出やすくなるような運動や食事生活を頑張って改善していく事を考えるべきだと思います。私のように下剤に依存してしまう人は多くいるそうですが、最終的には絶対に後悔するので正しい服用の仕方をするようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です